雨の日の強い味方 Paraboot パラブーツ Chambord シャンボード

2018.04.17

雨の日は着るものだけでなく、履くものでも迷いませんか?
むしろ、おしゃれは足元からとあるように履くものを決めなければ、着るものが決まらないですね。
悪天候でも革靴を履きたい方は多いと思いますが、あまり繊細な革のものは気が引けます。
今日も夕方から雨予報ですが、そんな雨の日の強い味方!

パラブーツの定番モデル シャンボードを買取いたしました。 サイズは6Fと小さいですが、6 1/2を基本に革靴を履く私で、このサイズはまだ少し緩いくらいでした。
カラーもカジュアルなスタイルから、ちょっとしたジャケット×パンツスタイルでも使い易いカフェ(ダークブラウン)です。


自社生産のラバーソールにアッパーはオイルをたっぷり配合したリスレザー。

登山靴の生産をルーツにもつブランドの堅牢なノルウィージャンウェルテッド製法。この製法により丈夫でかつ、水の侵入も防ぎます。

90年代にセレクトショップや高級シューズショップにも並んだ、トレッキングブーツのブランド「ガリビエール(Garibier)」もパラブーツと同じリシャール・ポンヴェール社のブランドです。最近、パラブーツからこのガリビエールの名品「アヴォリアーズ(Avoriaz)」が復刻されたことでパラブーツ好きの間で話題になりました。1998年の長野オリンピックで、フランス選手団の公式シューズに採用されたこともあるモデルです。

ジョンロブやエルメスのOEMを手掛けていたことも有名ですが、それだけにとても素晴らしい作りとデザインです。
私もシャンボードを所有していますが、いい意味であまり考えずに自然に履けるのでヘビーローテーションです。
もちろんメンテナンスは必要ですが、「雨の日も履けるオールラウンダー」として1足いかがでしょうか?

パラブーツはシャンボードの他にもウィリアム、ランス、ミカエルといった定番モデルや別注モデル、カラーも高額買取しております。
履かなくなったパラブーツの買取は是非、パラブーツが大好きなスタッフのいるジャンクビンテージにお任せください。

カテゴリーから選ぶ