マシンメイドの最高峰 Belvest ベルベスト ウール×リネン 3ボタンジャケット

2018.04.21

しばらく革靴が続いていましたので、今回は趣向を変えてジャケットをご紹介いたします。
マシンメイドの最高峰と言われるイタリアブランドベルベストのウール×リネン 3つボタンジャケットを買取いたしました。
サイズは44、落ち着いた印象のブラウンベースにオーパーペーンとクラシカルなカラーパターンになります。

1986年に誕生したクラシコ・イタリア協会に属すイタリアはパドヴァの名門ブランドです。
丸みのある立体的な肩、美しいラペルのロール、マシンメイドとは言え立体的なものを作る技術は
エルメス、バーバリープローサム、ランバン、ラルフローレン、そしてロロピアーナと言った一流のブランドのジャケットのOEMを引き受ける程です。
そしてハンドメイドのボタンホール。縫製技術が一番出るところでもあり、そこで高い評価を受けるベルベストの確かな技術は
「ベルベストにしかできない」、「ボタンホールを見ればベルベストとわかる」とまで言われる美しさです。

「クラシコ・イタリア」と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?
ボタンダウンシャツにⅠ型といった「アメリカン・トラッド」と違って、なんとなくイタリアっぽいカラフルなものや柔らかさ、
総じて色気があるといった漠然としたものが多いのではと思います。

クラシコ・イタリア協会自体が継承される伝統的な服づくりの技を含めイタリアのファッション産業を守り
世界に発展させることを理念としているように、スタイルを指すよりも技術を指しているものと捉えた方が良さそうです。

上記で触れた「アメリカン・トラッド」の代表的なブランド、ブルックスブラザーズやJプレス、ポールステュアートなどの
スーツの製造工場で有名な「サウスウィック(SOUTHWICK)」も、もともとはイタリア移民のグレコ(Grieco)兄弟によって設立されました。
クラシコ・イタリア協会設立よりも遥かに前の時代ですが、広い定義で見ればこれもクラシコイタリアとも言えそうです。

そして今回のジャケットですが、日中は夏日と気温が高く、かと言って夜はそれなりに冷えるので
軽く1枚羽織れるものがあればと思いご紹介に至りました。

最近はビジネスシーンでもスーツよりジャケット×パンツが随分と市民権を得てきたように思います。
生地にリネンが入っていることで秋冬物のような重さはなく、むしろ落ち着いた上品な雰囲気与えてくれますので、
ネイビーやグレーなどの定番カラーを揃えている方に第3のジャケットとしてブラウンはいかがでしょうか?
また、リゾートスタイルに見られるようにスウェードとリネンの素材感の相性はとても良いので、靴のバリエーションが増えてコーディネートの楽しみが増えます。
もちろんビジネスに限らず、ちょっとした集まりなどのお出かけにも重宝すると思いますので、ジャケットのバリエーションを考えている方は是非!お勧めです。

ジャンクビンテージではベルベストの他にもラルディーニやタリアトーレといったイタリアブランドのスーツやジャケット、スラックスの高額買取もいたしております。
事情があって着れなくなった、または着なくなったベルベストのスーツやジャケット、スラックスの買取は是非、ジャンクビンテージにお任せください。

カテゴリーから選ぶ

関連記事