インポートブランド

専門店だからできる、納得の高額査定をお約束いたします。
お見積もりだけでも結構です。メールや電話でお気軽にお問い合わせください。
大阪の南堀江に実店舗がございますので、直接お持込いただければその場で査定して現金買取りいたします。

キートン Kiton

お取扱い強化商品

■Kiton BLANC BLUE SUPER 180’S スーツ、Mod. LASA 、KB、ジャケット、チェスターフィールドコート、コート、ブルゾン、シャツ、ネクタイ
■カシミア、キャメル、スーパー180’s、リネン、コットン、マニカ・カミーチャ
■ストラスブルゴ STRAS BURGO

ブランド紹介

ローマのブリオーニと並んで高いクオリティと人気を誇る【キートン Kiton】の買い取りのご案内です。
既製服ブランドですが、マニカ・カミーチャなどナポリの仕立て技術を駆使して軽くて柔らかい着心地を実現し、仕立て服とは違った世界観を持つとまで言われるブランドです。
世界中から賞賛され、日本ではなかなか手に入りにくいブランドですが、当店ではブリオーニやベルベストなどと同じく買取を強化しています。
もし事情があって買取をお考えの際は是非、ジャンクビンテージにお任せください。専門店だからできる、納得の高額査定をお約束いたします。
お見積もりだけでも結構です。メールや電話でお気軽にお問い合わせください。
大阪の南堀江に実店舗がございますので、直接お持込いただければその場で査定して現金買取りいたします。

■キートンについて
7代続く服地卸商であった家に生まれたチロ・パオーネがイタリア南部のナポリで1969年にキートンを創立しました。
20世紀前半の全盛期に比べれば、仕立て服の勢いは落ちつつありましたが、1969年といえばまだ仕立て服が主流であり、今ほど既製服の影響力も強くなかった時代でした。
ナポリの仕立て文化を継承するために彼がキートンの設立時に集めたのは、ナポリの伝説のサルトと言われたヴィンツェンツォ・アットリーニの息子、チェザレ・アットリーニ。彼は仕立て服の技術に精通していながら、モデリストとしての才能を持っていました。
今では考えられない豪華なメンツで始まり、その結果、世界中から賞賛を受けるブランドとなりました。

■キートン(Kiton)の高額査定のコツについて■
○キートンのどのアイテムが高く売れますか。
カシミヤやキャメル等の高級素材を使用している商品が高く売れます。
○古い商品は買取可能ですか?
基本的には新しい商品ほど査定は高くなります。
デザイン的に古い商品については、買取はできますが査定は低くなります。
○ダメージ品でも買取可能ですか?
クラシコイタリア系のコートやスーツに付きましては虫食いの穴やダメージがある場合は修理が困難なため査定がかなり下がってしまう場合がございます。
商品によっては買取をお断りする場合もございます。予めご相談いただければ仮査定いたします。
○サイズやシーズンによって査定はかわりますか?
一般的なサイズであれば問題ありません。極端に袖が短かったりする場合は査定が下がります。
またウエストの詰め、肩での袖丈の詰めがある場合も査定が下がる場合がございます。
裾の処理や長さ、本切羽や開き見せなど袖口の処理によっても査定が変わる場合がございます。
シーズンでは査定金額は変わりません。一番高い時期に合わせて査定金額を計算いたします。
例えば冬物であれば一番売れる12月の販売価格を基準に査定金額を算出します。

関連記事