バイカー系ブランド

専門店だからできる、納得の高額査定をお約束いたします。
お見積もりだけでも結構です。メールや電話でお気軽にお問い合わせください。
大阪の南堀江に実店舗がございますので、直接お持込いただければその場で査定して現金買取りいたします。

エアロレザー AERO LEATHERS

お取扱い強化商品

■ ハイウェイマン、ハーフベルテッド、カフェレーサー、グリズリージャケット、ライダースジャケット
■ ハーキュリーズ、ヘラクレス、ハーフベルト、チームスター、シャイアン、ヴェステ デ ラリー、バーンストーマーなどのハーフコート
■ A-1、A-2、B-3、B-6、D-1などのフライトジャケット
■ シャクルトン、ウエストコート、ハッピーデイズ、レザーパンツ、バッグ
■ ホースハイド(馬革)ジャケット、ムートンジャケット
■ナイジェルケーボン、ホーウィン

ブランド紹介

【エアロレザーAERO LEATHERS】の古着買取のご案内です。
某有名タレントがドラマで着用したことでメジャーな人気ブランドとなりました。着用していたモデルはたしかハイウェイマンだったと思います。肉厚なホースハイドが特徴のブランドです。最初は硬くて正直着心地は良くないのですが、着用しているうちにしっとりとした大変しなやかな革質に変化します。ただそこまで育てるにはかなり着倒さないとなりません。購入した直後は革ジャンが硬さで自立します。当店のお客様でも途中であきらめて売りに来られる方は結構いらっしゃいます。革はステアハイドとホースハイドがありますが、エアロレザーといえば、やはり特徴のあるホースハイドです。査定価格もホースハイドが高額になりますので買取をお考えの際には是非、ジャンクビンテージにお任せください。

■エアロレザーについて
エアロレザークロージング社はケン・カルダー氏が英国ロンドンで1975年に創業しました。1983年にスコットランドのガラシールズへ移り、世界で最も品質の良いフロントクォーターという馬革を使用したレザージャケット等を製造、販売をしております。
アメリカの法令により、馬革は全て自然死した馬の皮を使いアメリカで最も技術力のあるタンナー、ホーウィン社がエアロレザークロージング社のために馬革として一番厚く丈夫なフロントクォーターを提供しております。現在馬革は大変貴重なレザーであり、表面の滑らかさはエアロレザーでのみ得ることが出来ます。また、エアロレザーの馬革はクロームなめしであり且つほぼ完全防水です。レザーを極めていきますと自然に馬革に至り、一度馬革を着てしまうとその他の革には戻れないという理由もここにあります。
エアロレザーの製品は初めは鉛板のようですが年月を掛け「着倒す」ことにより柔らかくなるとともに自分の身体や使用目的に合った革が造形されていきます。
そしてそのような一着一着が皆違った味を持ち世界でたった一つの自分の一着が出来上がります。10年、20年と時を重ねるごとにエアロレザーは味わい深くなり、この楽しみは生涯続きます。

■エアロレザーの革質について
エアロレザーのホースハイドは独特の革質です。細かな傷について気にされる方もいますが、元々少しすれただけでスレ傷が付く革質です。また細かなスレについては使用しているうちに消えてしまいます。
当店ではエアロレザーの馬革の多少のスレ傷につきましては、それほど査定に影響はありません。
■高額査定の出る商品について
エアロレザーでは某タレントがドラマで着用したことで有名な「ハイウェイマン」と「ハーフベルテッド」の2つが代表的なモデルです。
ハーフベルテッドの方が高額査定となります。
定番モデルでは「グリズリージャケット」や「ヘラクレス(ハーキュリーズ)」が最も高額の査定となります。
現在最も高額査定のモデルはナイジェルケーボンともコラボのムートンジャケットです。
ステアとホースハイドでは圧倒的にホースハイドの方が高額です。
同じホースハイドでも革質により査定が変わります。
固く光沢のある革質の物ががより高額の査定となります。逆に柔らかくツヤのない薄手の革は同じホースハイドでも査定が落ちます。
エアロレザーはレザーパンツも作っていますが、現在は流行的にレザーパンツの買取査定は低めです。レザーパンツが流行すると買取価格もUPします。