バイカー系ブランド

専門店だからできる、納得の高額査定をお約束いたします。
お見積もりだけでも結構です。メールや電話でお気軽にお問い合わせください。
大阪の南堀江に実店舗がございますので、直接お持込いただければその場で査定して現金買取りいたします。

ベルスタッフ BELSTAFF

お取扱い強化商品

■ パンサー、ドニントン、ブルックランズ、ツーリストトロフィー、XL500、トライアルマスター、ロードマスター、ロレンス、S.Icon、カントリーマン、TATTS CORNER、REDGATE、GLEN DUFF、BROOKLANDS、CARNABY、DELTA FORCE、ボーリングなどのワックスコットンジャケット、オイルドジャケット、ブルゾン、ライダースジャケット、ダウンジャケット、コート

ブランド紹介

ワックスコットン、オイルドコットンジャケットといえばバブアーと並んで当店でも大人気の【ベルスタッフ(BELSTAFF)】の買取のご案内です。
■ベルスタッフ(BELSTAFF)について
BELSTAFFはイギリス、ウエストミッドランズ州スタッフォードシャーで1924年に誕生しました。
当時のハイテク素材である「ワックス・コットン」を生み出したのは創設者であるハリー・グロスバーグであります。
第一次大戦中には、ケープやテントの生地として英国軍にワックスコットンを卸していました。その後、ワックスコットン生地を使用したカーレースや飛行士のためのオーダーメイドを始めます。
外気温や体温で通気性をコントロールする性質を持っていたことから、モーターサイクルウェアとして最適でした。
その優れた機能は絶賛され、1950年代“インターナショナル6DAYトライアル”に出場したイギリスナショナルチームの公式ユニフォームに採用されるなど確固たる地位を築きました。
羽根を広げたフェニックスをイメージしたブランドロゴは「いかなる時代も困難を乗り越えて永遠に続いて行くように」という意味を込めて、創立以来、使用され続けらています。
■ベルスタッフの買取・高額査定のコツについて■
■季節により査定金額はかわりますか?
当店ではベルスタッフを夏でも冬でも季節を問わず同じ価格で買取しています。
冬物衣類の販売価格は12月の相場が一番高くなりますので、その時期の販売価格から買取金額を計算しています。
■ビンテージ物のベルスタッフは買取可能ですか?
ビンテージ物も買取しています。60s物のベルスタッフも買取りをしたことがあります。
弊社はもともと創業時はビンテージ古着の専門店でした。海外でビンテージ古着を買い付けて輸入販売をしておりました。
ビンテージ物にはかなり強いです。なんでもご相談ください。
■ベルスタッフのダメージ品でも買取可能ですか。
80s~90sくらいのビンテージまでいかない古めのベルスタッフはオイルが抜けて擦り切れや破れてている物が多いです。
こういった商品につきましては、査定は結構さがってしまいます。破れがひどい物は買取ができない場合もございます。
基本的に着用できないダメージや、ニオイ、汚れなどがある場合は買取不可となります。
いいたします。
■汚れたベルスタッフはクリーニングした方が査定が上がりますか?
ナイロン系のベルスタッフ、特にオリーブやブラウン系の色の物は数回着用しただけで襟首周りや袖口が黒ずんで汚れてしまいます。これらの汚れは確かにマイナス査定となってしまいます。綺麗にしてからの方が査定価格は多少UPします。ただベルスタッフのクリーニングは高額なところが多いので、その分の査定UPとなるかどうかはわかりません。
■オイルが抜けている商品はどうでしょうか?
ベルスタッフの商品は着用しなくても自然にオイル(ワックス)抜けていきます。
部分・ムラ抜けなど商品によっては買取後に弊社でリプルーフ(オイル入れ)する場合もございます。
オイルが抜けていても買取は可能ですが、基本的にはマイナス査定となります。
昔のオイルドコットンはかなり匂いがきつかったのですが、最近のオイルはほとんど匂いがしません。
結構簡単にリプルーフできるので買取の前にリプルーフしてみると、もう一度愛着が湧いてくるかもしれませんよ。