インポートブランド

専門店だからできる、納得の高額査定をお約束いたします。
お見積もりだけでも結構です。メールや電話でお気軽にお問い合わせください。
大阪の南堀江に実店舗がございますので、直接お持込いただければその場で査定して現金買取りいたします。

ラベンハム LAVENHAM

お取扱い強化商品

■DENHAM デンハム、LEXHAM レクサム、DENSTON デンストン、RAYDON レイドン、RAMSEY ラムジー、CRAYDON クレイドン、SYLELHAM サイルハム、BENTLEY ベントレー、BOYTON ボイトン、KESGRAVE ケスグレイブ、EASTBRIDGE イーストブリッジ
■キルティングジャケット、ファー、ステンカラーコート、ポリテックタッサー、撥水ツイル、エリザベス
■ブリティッシュメイド

ブランド紹介

軽くて温かいキルティングジャケットで有名な【ラベンハム LAVENHAM】の買取のご案内です。
ジャケットと入ってもオーバーコートのようにスーツやジャケットの上から着られて、ビジネスマンの間でもとても流行りました。今はずいぶんと落ち着いたように思いますが大きなデザインの変更なども少なく、根強いファンをしっかり獲得していますので、定期的に買い替える方も居るほどです。私もそうですが、実際着てみると本当に軽いのに温かいです。フォーマル以外ならあらゆるシーンで活躍するので重宝します。
当店ではラベンハムの他にもバブアーやベルスタッフといった英国の老舗ブランドの人気がとても高いです。特にバブアーやベルスタッフはビンテージも買取しおりますので、お手持ちのアウターで買取をお考えの際には是非、ジャンクビンテージにお任せください。

■ラベンハムについて
ラベンハムは1969年イギリス・サフォーク州のラベンハム村で設立されました。ミセス・エリオットが発案したナイロン・キルティングのホース・ブランケットは1969年に発売され、瞬く間にラベンハムのホース・ブランケットが英国中に広まり、乗馬用具業界での地位を確立しました。 ナイロン・キルティングのホース・ブランケットがあまりに軽く、丈夫で保温性が高くまた単価も適正であった為、乗馬愛好家自身が着用するジャケットの要望が高まりました。1972年多くの乗馬愛好家の要望でナイロン・キルティング・ジャケットが発表され、愛馬とお揃いのジャケットを着たジョッパーが増えていきました。 また同年、ラベンハムの名を決定的に印象付けた製品、ダイヤモンド・キルティング・ジャケットが発表されました。このキルティングジャケットはベーシックで実用的な乗馬用トレーニング・ウェアの中に高いファッション性と高品質という概念を取り入れ高く評価されました。当初はナイロンが主な素材でしたがその後、ポリエステル、ウール、カシミヤ、コットン等々幅広い素材が用いられるようになりました。その後は、ファッションアウターとしての高い人気と、「キルティングジャケットといえばラベンハム」という地位を確立しています。

■ラベンハムの高額査定のコツについて■
○古い商品は買取可能ですか?
基本的には新しい商品ほど査定は高くなります。
デザイン的に古い商品については、買取はできますが査定は低くなります。
○ダメージ品でも買取可能ですか?
ウールやカシミアなどの素材で虫食いの穴やダメージがある場合は修理が困難なため査定がかなり下がってしまう場合がございます。
商品によっては買取をお断りする場合もございます。予めご相談いただければ仮査定いたします。
○サイズやシーズンによって査定はかわりますか?
一般的なサイズであれば問題ありません。極端に袖が短かったりする場合は査定が下がります。
またウエストの詰め、肩での袖丈の詰めがある場合も査定が下がる場合がございます。
裾の処理や長さ、本切羽や開き見せなど袖口の処理によっても査定が変わる場合がございます。
シーズンでは査定金額は変わりません。一番高い時期に合わせて査定金額を計算いたします。
例えば冬物であれば一番売れる12月の販売価格を基準に査定金額を算出します。

関連記事