アメカジ系ブランド

専門店だからできる、納得の高額査定をお約束いたします。
お見積もりだけでも結構です。メールや電話でお気軽にお問い合わせください。
大阪の南堀江に実店舗がございますので、直接お持込いただければその場で査定して現金買取りいたします。

リー Lee

お取扱い強化商品

■ ジーンズ、パンツ、Leeライダース、カウボーイ、101、101Z、101B、201、131、331Z
■ オーバーオール、ペインターパンツ、レザーパンツ、ロガーパンツ
■ ジージャン、デニムジャケット、101-J、100-J、ウエスターナー、ストームライダー、カバーオール、91-J、91-B
■ Tシャツ、スウェット、ウエスタンシャツ、レザージャケット
■ 別注品、コラボ品、Wネーム、ホワイトレーベル、ウエアハウス、Leeアーカイブス、リアルマッコイズ、AKM、TMTなど
■ 白タグ、センタータグ、赤タグ、三角タグ、黄タグ、ハウスマークタグ、ロングL、ヴィンテージ、デッドストック、オリジナル、復刻、レプリカ
■ バディ・リー人形、バナー、グッズ、小物
■ジェームスディーン、スティーブマックイーン

ブランド紹介

3大デニムブランドのひとつ【Lee リー】の古着買取のご案内です。
ビンテージブーム以降も変わらず高値で取引され、現行でも忠実に再現されたレプリカが人気のブランドです。元々のモデルのバリエーションに加えて、コラボレーションアイテムも積極的にリリースされていますが、ザムラーから出たミリタリーのテント生地を使ったシリーズはあまりにもかっこ良くて即買いでした。個人的には101-Jがジージャンの中では一番好きなデザインです。
アメリカの著名俳優であったジェームズ・ディーンがリーのジーンズを愛用していたことは有名です。彼の代表作『理由なき反抗』と『ジャイアンツ』の2本に、リー・ライダース101Zをはいて出演しています。なお、ジェームズ・ディーンがリーバイスをはいていたという話もありますが、少なくとも遺された彼の写真の中にリーバイス製ジーンズをはいていた姿はないそうです。
■Leeについて
1889年にカンザス州サライナで食品と雑貨の卸商として、正式名称「H.D.リー・マーカンタイル・カンパニー」は創設されました。
1911年に独自の衣料工場を設立し、デニム衣料などを作り始め、この時のダンガリーズが後のリー・ライダースになります。このブランドのジーンズはバックポケットの形に特徴があり、普通のジーンズはバックポケットが将棋の駒を天地逆にした形が多いのですがリーのジーンズはバックポケット下部が丸くなっています。バックポケットのステッチ(レイジーS)は馬の口を横から見た形という説が有力だそうです。
1987年以降日本での商品開発・製造、販売はすべてエドウインへ移行し、ラングラーなどのライセンスはリー・ジャパン㈱が所持しています。

■Leeの高額査定のコツについて■
○古い商品は買取可能ですか?
基本的には新しい商品ほど査定は高くなりますが、一部のビンテージでプレミアがついているものもあります。お気軽にご相談ください。
○ダメージ品でも買取可能ですか?
汚れやダメージがある場合は修理が困難なため査定がかなり下がってしまう場合がございます。
商品によっては買取をお断りする場合もございます。予めご相談いただければ仮査定いたします。
○サイズやシーズンによって査定はかわりますか?
一般的なサイズであれば問題ありません。極端に袖が短かったりする場合は査定が下がります。
またウエストの詰め、肩での袖丈の詰めがある場合も査定が下がる場合がございます。
裾の処理や長さ、本切羽や開き見せなど袖口の処理によっても査定が変わる場合がございます。
シーズンでは査定金額は変わりません。一番高い時期に合わせて査定金額を計算いたします。
例えば冬物であれば一番売れる12月の販売価格を基準に査定金額を算出します。