アウトドア・スポーツ系ブランド

専門店だからできる、納得の高額査定をお約束いたします。
お見積もりだけでも結構です。メールや電話でお気軽にお問い合わせください。
大阪の南堀江に実店舗がございますので、直接お持込いただければその場で査定して現金買取りいたします。

パタゴニア patagonia

お取扱い強化商品

■ ダスパーカー、92年製、93年製、94年製、95年製~、パイルジャケット、レトロカーディガン、ダウンジャケット、ダウンパーカー、フリースジャケット、スナップT、パフジャケット、ベスト、ゴアテックス、エンカプシルダウンビレイパーカ、エレメントジャケット、トーレジャケット、スーパーアルパインジャケット、ガイドウォータージャケット、ファイヤーボールジャケット、アイスナインジャケット、米軍MARS、ソフトシェル、パフボールセーター、グリセードジャケット
■ オールドパタゴニア、オールドダスパーカー、白タグ、デカタグ
■ Tシャツ、シャツ、ポロシャツ、スウェット
■ パンツ、ショーツ
■ 帽子、ハット、キャップ、ベルト、バッグ、カバン、財布、アクセサリー

ブランド紹介

アウトドアブランドの王道【パタゴニア patagonia】の古着買取のご案内です。
フリースからダウンまで、幅広いアイテムがもの凄い人気で現在でも生産終了のアイテムは高値で取引されています。タウンユースで流行った90年代に、このブランドでフリースやリサイクルアイテムの存在を知った方も多いかと思います。
パタゴニアは現在当店でも、とても人気があります。どのモデルということは無く、全てのモデルが高額買取り可能です。ダメージの状態にもよりますが、穴や破れについては大きなマイナス査定、または買取不可となります。汚れについては、ある程度査定は下がりますが買取可能です。クリーニングで落ちる汚れかどうかは当店の判断となります。 汚れが酷い場合は、クリーニング後にお持ち込み頂いたほうが高額の査定となるい場合もございます。レトロカーディガンからダウンパーカー、90年代のアイテムまで幅広く買取いたしておりますので、パタゴニアの買取をお考えの際には是非、ジャンクビンテージにお任せください。

■パタゴニアについて
1957年にイヴォン・シュイナード氏がパタゴニアの前身であるシュイナード・イクイップメントを創業し、ロッククライミング用具の製造と販売を行いました。自宅の裏庭に作業場を作り、そこで作った用具を車で運び売りに行くことを数年続けた後、次第にイヴォン・シュイナードの作る用具の需要が高まったため、1965年に航空技師のトム・フロストと一緒に仕事をすることになります。
1966年にはベンチュラに拠点を移します。自分たちが製造・販売する用具が岩を破壊していることから、環境保護について考えるようになり、そして1972年にハンマーを使わずに手で使うチョックを発売。これが大ヒットしました。
1973年、衣料品部門のブランドをパタゴニアとします。パタゴニアとは南米の地名のことですが、はるか彼方の、地図には載ってないような遠隔地というイメージがあり、またどの国の言葉でも簡単に発音できる言葉であることから名づけられました。
1985年、パタゴニアが現在のフリースとなる、毛玉にならない両面起毛のシンチラ素材を開発しました。もともとカラーバリエーションが少なく、またダークトーンのものが多かったアウトドア製品でしたが、パタゴニアは鮮やかな色彩を使い、コバルト、ティール、フレンチ・レッド、アロエ、シーフォーム、アイス・モカなど新たなカラーを世に送り出します。これらのシンチラと鮮やかなカラーリング等はアウトドアウェアで人気となりました。
1996年以降、コットン素材にはすべてオーガニック・コットンを使用。97年には姉妹ブランドウォーターガールを設立しました。2005年に、パタゴニア製の下着を回収して新品にリサイクルする活動を開始。これ以降パタゴニアは、環境を配慮し、リサイクル素材の活用を積極的に行っています。