バッグ・小物ブランド

専門店だからできる、納得の高額査定をお約束いたします。
お見積もりだけでも結構です。メールや電話でお気軽にお問い合わせください。
大阪の南堀江に実店舗がございますので、直接お持込いただければその場で査定して現金買取りいたします。

泰八郎謹製

お取扱い強化商品

■プレミアモデル、プレミアシリーズ、エクスクルーシブ、T-3c、PT、T-104
■ポーカーフェイス別注モデル、ユニフォーム・エクスペリメント、ナンバーナイン、鯖江、セルロイドフレーム、金子眼鏡

ブランド紹介

日本が世界に誇る鯖江製眼鏡ブランド【泰八郎謹製】の買取のご案内です。
メイド・イン・ジャパンのものでは児島のデニムと並んで有名に福井県鯖江市の眼鏡が、度々メディアに取り上げらます。その中でも郡を抜いて人気の高いブランドです。
普段から眼鏡の私としては、掛け心地とデザイン共に重要なポイントですが、その両方を満たしてくれる眼鏡ブランドのひとつが泰八郎謹製です。重厚なイメージのセルフレームでもしっかりフィットして重さを感じさせない点は、やはり拘りぬいた製法の賜物です。ちなみに特急電車で鯖江市を通過するときに大きな眼鏡の看板が見えてインパクト大ですので機会があれば、是非見ていただきたいです。
当店では泰八郎謹製の他にも999.9(フォーナインズ)や白山眼鏡、小竹長兵衛作などの国産ブランド、アランミクリやレスカ ルネティエなどのインポートブランドも大変、人気が高いです。お手持ちの眼鏡でかけずに眠らせているものがあれば是非、ジャンクビンテージに買取をお任せください。

泰八郎謹製を手掛ける山本泰八郎氏は昭和17年に誕生しました。
彼の出身は福井県鯖江市で、国内シェアのほとんどを占める眼鏡の産地として広く知られている市です。眼鏡職人を志し、中学卒業後にはセルロイド職人に弟子入りして現在の眼鏡造りに繋がる技術を身につけていきました。鯖江では眼鏡フレーム造りの分業、大量生産へ傾いていた時代でしたが、そんな風潮になじめなかった山本泰八郎氏は1977年に創業、山本手造り眼鏡製作所をスタートさせました。
そこから現在まで変わることなく、すべて手作業で丁寧に造る眼鏡フレームを造り続けています。真摯な眼鏡造りを続けてきた山本泰八郎氏が55歳の時、上質な日本製のフレームを扱う金子眼鏡とタッグを組むことになり、現在では金子眼鏡株式会社のオリジナルアイテムとして高い評価を受けています。

■度入りレンズでも大丈夫ですか?
もちろん大丈夫です。普通はご自身の視力に合わせたレンズを入れているので、それで買取には影響はありません。ただ近ごろは伊達メガネとして使用される方も多く、販売時のダミーレンズがある方が査定には有利になります。入りレンズは販売後にお客様が交換することになるため、レンズの種類や傷の状態によって査定が変わることはありません。

■泰八郎謹製のダメージ品は買取できますか。
当店では買い取りした眼鏡を状態により、超音波洗浄、研磨、フレームの歪みの修正を行った後に販売しております。
汚れや多少のくすみや傷については買取が可能です。修正不能な歪みやクラック、極端なフィッティングの修正がある場合は買取ができない場合もございます。
泰八郎謹製の買取については、ジャンクウェブまでお気軽にお問い合わせください。

関連記事